Home » 水本オレンジガーデンとは

水本オレンジガーデンとは水本オレンジガーデン

業務内容

1.明治の初め小みかんがほとんどで放任栽培に等しかった。氏は人一倍研究心が強く先進地に赴き栽培技術の研究に努め、ワシントンネーブルと温州みかんの新品質の導入を図る。

2.ヤノネカイガラ虫の防除に初めて青酸カリによるを行い防除技術の草分けとなった。

3.地域の果実振興を図るため、義弟水本正純氏と共に品評会や柑橘大会を開催した。

4.天皇陛下へ献上みかんをはじめた。(明治42年より)

「明治百年顕彰」昭和43年より

園内広さ

面積:2,5ha(250a)

木の本数:約2,500本(10aに約100本)

収量:20Kg×5,000ばい=100,000Kg(みかんの取れる数)
(コンテナ)約200コ×5,000=1,000,000コ

 

  

Copyright(c) 2015 水本オレンジガーデン All Rights Reserved.
Lasix online dopoxetine online Antabuse online